費用別に考える

ウェブサイトを用意する方法はいくつかあります。自由度が上がるほど少しずつ費用がかかると思って間違いないと思いますが、それほど高価なものでもありません。

お金をかけない

  • フリーのブログサービスなどを利用する
  • アフィリエイトサービスに付属するwebエリアを利用する
  • 独自ドメインが使えない
  • PHPなど独自の自動処理が基本使えない
  • サイトのアドレスが覚えにくいものになる

ある程度の出費は構わない(月数千円)

  • ドメインを取得する
  • サーバーをレンタルする
  • ファイルをアップロードする
  • 独自ドメインなら検索エンジン対策もしやすいし、独自ドメインのメールアカウントも発行できる
  • レンタルサーバーの種類にもよりますが、PHPを使った自動処理などが期待できる
  • なにもかもが自由